資料請求
無料見積
BLOG

家ができるまで

新日本建設での住宅が出来るまでの行程を簡単に説明させて頂きます。
少し長くなりますが、一つ一つが大切な工事の工程ですのでご紹介させて頂きます。

家ができるまで1
家ができるまで2
家ができるまで3

家ができるまでの流れ 金属設置工事

49.金属設置工事①

リビング内階段の手摺は、鋳鉄製の手摺を採用することもできます。メーカー製品の手摺には無いシンプルながら質感のある手摺を採用することでより深みのある階段となります。

次へ

家ができるまでの流れ 金属設置工事

50.金属設置工事②

地元鉄骨加工メーカーに、製造から設置工事まで一括した工事をしていただきます。鋳鉄製の手摺は、角部分は溶接技術を活用した剛性のある仕上がりを目指しております。

次へ

家ができるまでの流れ 金属設置工事

51.金属設置工事③

手摺の設置が完了したら、仕上げの塗装をしていきます。艶消しブラックカラーの手摺と真っ白なクロス壁との対比によって質感のある階段に仕上げました

次へ

家ができるまでの流れ 内部建具設置

52.内部建具設置①

作った建具は、建具職人の手によって現場で設置作業を行います。リビングからの明かりを玄関に通し北側玄関でも明るい光が差し込む玄関にします。建具の枠材も無垢材で加工していますので、とても自然な感じで内装が仕上がります。

次へ

家ができるまでの流れ 内部作り付け収納設置

53.内部作り付け収納設置

玄関収納は、可動式の棚板で造ります。単なる下駄箱ではない多目的収納としてさまざまな物品を収納していただくことが出来るように考えております。

次へ

家ができるまでの流れ 床ワックス塗装工事

54.床ワックス塗装工事

全ての機器が設置できたら住宅クリーニングを掛けていきます。また無垢フローリング材には、自然塗料のワックス材を塗っていきます。ワックス塗料を塗る工事は、お客様と一緒にすることも多いです。結構大変な作業です。が、お客様にも家創りに参加していただいております。

次へ

家ができるまでの流れ 暖房機器設置

55.暖房機器設置①

標準工事ではありませんが暖房設備工事も提案いたします。木製ペレット燃料を使用するペレットストーブです。排気ガスを外部に排出しますので室内の空気を汚さない暖房機器です。開放的な間取りなら、家全体を一台で温めることができます。

次へ

家ができるまでの流れ 暖房機器設置

56.暖房機器設置②

設置工事は、長野県のストーブ会社からプロの職人が責任施工で設置します。住宅の設計段階から据え付け位置を検討しながら採用しますので据え付け工事も順調に終わります。マキストーブと違い、ストーブ廻りに煉瓦壁を積む必要がないので採用しやすいストーブです。

次へ

家ができるまでの流れ 暖房機器設置

57.暖房機器設置③

設置後は、お客様に立ち会っていただき取扱い説明をいたします。ワンシーズンの燃料代が3万円程で納まる木質ペレットストーブは、お客様の健康と財布にやさしい暖房です。

次へ

家ができるまでの流れ 内部建具工事

58.内部建具工事①

当社では、内部建具は地元建具店で製造をしております。設計段階での内装インテリアに合った建具デザインで造ることができます。割れる心配がないポリカ材の框建具や建具のカラーに特別色を設定するなど自由度が高い建具を造れます。

次へ

家ができるまでの流れ 内部建具工事

59.内部建具工事②

無垢枠材を採用しているメリットとして多彩な家具用金具を採用することができます。また無垢の枠材は、住宅の寿命と同じくらいの耐久年数を考えて設計をしております。

次へ

家ができるまでの流れ 内部建具工事

60.内部建具工事③

当社の標準的な建具仕様無垢材の建具枠建具デザインは、多種類の面材提案ができます。木目カラーだけでなくホワイトカラーやブラックカラーの建具も提案できます。建具は上吊り金具方式により、床にはレールが必要ありません

次へ

家ができるまでの流れ 気密測定試験

61.気密測定試験①

年間を通じて、自社設計・監理の住宅の能力を検証するために測定試験を実施しています。
① 温度・湿度連続7日間測定試験
② 住宅気密測定試験

次へ

家ができるまでの流れ 気密測定試験

62.気密測定試験②

写真で御紹介をしているのは、住宅の省エネルギー性能の指針となる住宅の隙間面積測定試験です。
住宅の床面・外壁面・屋根面を通じた外廻りについて、1㎡当たりの隙間面積を測定いたします。
省エネルギー基準 Ⅳ地域(愛知県)5㎠/㎡ハウスメーカー平均 2㎠/㎡

次へ

家ができるまでの流れ 気密測定試験

63.気密測定試験③

当社住宅の気密測定試験結果
相当隙間面積:C 1.6㎠/㎡
上記数値を達成いたしました

次へ

家ができるまでの流れ 外構工事

64.外構工事①

駐車場についても、設計時に同時に提案をしてまいります。カーポートについては、御施主様の希望される駐車能力に応じて御提案

次へ

家ができるまでの流れ 外構工事

65.外構工事②

駐車場をコンクリートで仕上げる場合はワイヤーメッシュ筋を敷き込みます。荷重が大きな自動車が乗ってもひび割れが発生しないしっかりとした駐車場をつくります。

次へ

家ができるまでの流れ 外構工事

66.外構工事③

建物の設計段階で、お施主様に必要な駐車場の仕様を、相談しながら外構工事を進めていきます。この駐車場の場合、車を降りてから玄関まで雨でも濡れませんまた最大で、並列駐車3台可能な駐車場になるように設計しました

次へ

家ができるまでの流れ 外構木製フェンス工事

67.外構木製フェンス工事①

外構工事のフェンスも、アルミフェンスだけでなく、材木でつくる木製目隠しフェンスも提案できます。

次へ

家ができるまでの流れ 外構木製フェンス工事

68.外構木製フェンス工事②

外部に使用する為、水分や紫外線など厳しい環境にも耐久性がある材木を採用した目隠しフェンスです。高さ1.5m~2mまでつくることができます。

次へ

家ができるまでの流れ 外構木製フェンス工事

69.外構木製フェンス工事③

風は通しつつ、視線を遮ることによってプライバシーを守りながら開放的なリビングからの眺めを確保できます。また、同じ材木でウッドデッキを作成することも出来ます。

次へ

家ができるまでの流れ お引渡し・住宅設備機器説明

70.お引渡し・住宅設備機器説明①

現在の住宅では、さまざまな設備機器が設置されておりますので、住宅のお引渡し時には、設置メーカーの方に来ていただき、取扱い説明をさせていただいております。

次へ

家ができるまでの流れ お引渡し・住宅設備機器説明

71.お引渡し・住宅設備機器説明②

採用した設備機器等の取扱い説明をしていきます。特にキッチンなど水回り設備に関しては女性スタッフに来てもらい細かく説明をさせていただきます。

次へ

家ができるまでの流れ お引渡し・住宅設備機器説明

72.お引渡し・住宅設備機器説明③

電気温水器(エコキュート)についてはメンテナンスの問題もありますので設置した業者さんにメンテナンスの連絡も含めてお客様にご説明いたします。

以上で工事は完了したしますが、1年目~3年目までの社内検査にご訪問させていただき保守点検をさせていただきます。

家ができるまで1
家ができるまで2
家ができるまで3

pagetop